医療機関の経営をするためのコンサルティング業者の選び方

キャリーケース

顧客目線に立った仕事

マーケティング業界におけるインバウンドとは、顧客に自社を「見つけてもらう」ことを指します。何かが欲しいときに顧客が自ら情報を得るようになったため、従来の、企業が伝えたい内容を発信する手法ではなく、顧客が欲しいと思う情報を用意することが、マーケティング業界では主流になりました。

IT

少ない予算で導入可能

タブレット型のposは、市販されているタブレット端末を利用して、飲食店のオーダーリングや会計、売上管理や在庫管理などさまざまな業務を行うシステムです。少ないコストで導入できるため、経営規模の小さな飲食店でも気軽に使えるのがメリットです。

宅配員

経営方針の強い味方を探す

経営に伸び悩んだときは、こちらから客先へ出向く経営の仕方を行なっていきましょう。いまは宅配コンサルタントがいるので、相談してどういった形で進めていくのかを決めましょう。その時にはコンサル内容や料金面も確認しておくことが大切です。

病院やクリニックを診断

医者

提案から検証までサポート

総合病院やクリニックなど医療機関の数は年々増えていますが、一方では多くの地域で人口減少の流れが加速されています。そのため病院やクリニックの間でも競争が激化しており、中には経営難に陥るほど患者数が減ってしまったケースもあります。医療機関にも一般企業と同じように経営術が求められるようになった今の時代にあって、経営面では素人と言える医師が自力でこうした現状を変えていくのは大変なことです。実際に経営を立て直した病院やクリニックの多くは医療専門のコンサルティング役を顧問としており、さまざまな助言を基に改善策を実施してきました。このような医療経営コンサルティングの利用を開始すると、まずは医療経営のプロによって病院やクリニックの現状が診断されます。患者を診断することにかけては得意中の得意としている医師も、自身の開業したクリニックそのものの診断となるとなかなか難しいものです。この診断結果や医師・病院経営者の要望ヒアリングを通じてコンサルティングが具体的な解決策を考え、改革案や職員研修・新システム導入・増改築計画といった形で提案してくれます。それぞれの病院やクリニックに合わせた解決策を実施した後は、その改善効果を検証する作業も欠かせません。このような医療経営コンサルティングにかかる費用相場は一定でなく、相談内容や調査・研修といったコンサルティングの種類によっても違ってきます。コンサルティングによっても相談料に差が認められますが、1回当たりの費用または1時間当たりの費用として数万円程度の料金を設定している事例が多いものです。さらに集中的なサポートが必要となる医療開業コンサルティングでは、合計費用が100万円から200万円付近に設定されています。これだけの相談料を投じてもそれで病院やクリニックの経営が安定軌道に乗れば十分に元が取れるため、多くの医療機関がコンサルティングを利用しているのです。