医療機関の経営をするためのコンサルティング業者の選び方

顧客目線に立った仕事

キャリーケース

顧客が欲しい情報を

インバウンドは、旅行業界やコールセンター業界をはじめ、様々な業界で使われている言葉です。通信業界では外部からデータを受信することを指しています。このように様々な業界で、外部から入ってくるものをインバウンドと呼んでいます。マーケティング業界でもインバウンドが使われています。企業が何かを売りたい場合、従来はアウトバウンドマーケティングが主流でした。アウトバウンドマーケティングは、ダイレクトメールや広告などを使用して、企業側から顧客に売り込みにいく手法です。しかし、インターネットが普及し、自ら情報を得ようとする人が増えたことにより、ダイレクトメールや広告などを見ない人が増えました。代わりに、ブログやメールマガジンなどで自分の必要な情報を得る人が増えたため、企業側は、インバウンドマーケティングを取り入れるようになりました。従来の企業のWebサイトは、企業が伝えたいと思う情報だけで構成されていましたが、これでは顧客に敬遠されるようになりました。そこで、企業は自社のWebサイトの構成を変え、顧客が欲しいと思う情報を用意して顧客に自社を「見つけてもらう」ことで、購買に繋げていくようになりました。また国内に訪れる観光客向けにサービスを展開する企業も増えています。たとえば、飲食店だと観光客向けに外国語で書かれたメニューを提供している企業もあります。外国語が堪能なスタッフや日本語での会話が可能な外国人を雇うのも、一種の観光客向けのサービスと言えるでしょう。