医療機関の経営をするためのコンサルティング業者の選び方

少ない予算で導入可能

IT

使い方はいろいろ

タブレット型のposレジとは、市販されているタブレットを活用して飲食店などの会計や在庫管理、売上管理などの業務を行うシステムです。従来のposレジは、高価な専用機材を必要とするため、導入するには多額の初期投資が必要でした。そのため、全国展開しているチェーン企業などでしか導入できないという問題を抱えていました。しかし、タブレット型のposレジの登場により、売上の少ない飲食店でも気軽にposレジを導入できるようになりました。専用機材の代わりに家電量販店などでも購入できるタブレットを使用することで導入コストを大幅に抑えることができるためです。クラウド型のサービスとなっているため、月々わずか数千円の費用で、標準的なposレジシステムの主要な機能のほとんどを利用できるようになっています。タブレット型のposレジを導入することにより、さまざまな業務を効率よく行うことができます。接客時には、タブレットを操作して、お客の人数や性別などの属性をその場で入力でき新しいメニューの開発や顧客管理に役立てることができます。また、オーダーを取るときに紙の伝票は不要になり、タブレットを操作するだけでオーダーが完了し、自動的に厨房にオーダー内容を伝えることも可能です。予め料理の画像を撮影しておき、タブレットを見せながら料理をお客に勧めるなど、販売促進ツールとして活用することもできます。その他にも、会計や在庫管理、売上管理などの業務をパソコンとタブレットだけで行えるようになり、業務効率の大幅な改善が期待できます。